×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  店長日記»  雨の日のカブトムシ

雨の日のカブトムシ

雨の日のカブトムシ

朝晩は少しずつ涼しい日も増え、秋が近づいてきました。
秋といえば季節の変わり目。
台風をはじめ、雨が降る日も増えます。

カブトムシは雨をどうしのいでいるのでしょうか?

カブトムシの特徴の一つは、硬い外殻です。
カブトムシはこの外殻を使って水を弾き、体内に水が浸み込むのを防ぎます。

また、カブトムシは、雨の日には活動を制限して過ごします。
雨に濡れることで、冷えて体温が下がってしまったり、雨が強いと飛ぶこともできなくなってしまうからです。
また、樹液など、餌になるものが雨で流れてしまうということもあるでしょう。
雨が降ると、カブトムシは葉の下などに隠れてじーっと動かずに過ごしてやり過ごします。

飛び回って樹液に集まる晴れた日と違い、雨の日のカブトムシを見つけるのは至難の業でしょう。

2023-09-11 08:58:54

店長日記

 

CONTENT

CATEGORY